読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

1度払った相続税が戻ってくる!?

相続税の申告手続きをして納税したことがある方は誰でも、その相続税が戻ってくる可能性があります。まずは「チェックリスト」で確認してみましょう。「チェックリスト」に1つでも該当した方は、相続税を払いすぎているかもしれません!

 

相続税還付手続きとは、相続税の申告期限(亡くなった日から10ヶ月)から5年以内であれば、申告内容の見直し・修正を行い、納めすぎた税金の還付を求める手続きです。

 

国税庁のデータでは、1件当たり平均約1,200万円もの税金が還付されています。

当センターの「チェックリスト」に当てはまる項目があった方、あなたの税金戻ってきます!

 

 

≪参考≫

国税通則法 第23条(要約)≫

納税申告書を提出した者は、次の各号のいずれかに該当する場合には、当該申告書に係る国税の法定申告期限から五年以内に限り、税務署長に対し、その申告に係る課税標準等又は税額等につき更正をすべき旨の請求をすることができる。

 

当該申告書に記載した課税標準等若しくは税額等の計算が国税に関する法律の規定に従つていなかつたこと又は当該計算に誤りがあつたことにより、当該申告書の提出により納付すべき税額が過大であるとき。